×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

梅毒の原因菌とは?

梅毒はどのようにして感染するか?

梅毒の菌はトレポネーマと呼ばれる病原菌よって感染します。梅毒の感染経路は、性行為です。皮膚感染、あるいは粘膜にちょっとしたキズがあっても、そこから梅毒の病原菌が入り込んで、血液の中に入り、そして、体全体に広がってゆきます。また、梅毒の原因として、性器接触からだけでなく、キスからも感染することがあります。妊婦の人は、以前では赤ちゃんに感染する先天梅毒がよくありましたが、今では妊婦には検査が前もってありますので、その心配はなくなりました。梅毒の症状には、4段階あります。その感染の度合いによって、段階が決められます。数字が大きいほど、感染力が弱まります症状として、男性の場合は、包茎や亀頭のあたりにしこりができます。また、女性の場合は、大小陰唇のまわりにしこりができます。また、発熱、頭痛、関節痛、神経痛、潰瘍ができます。 男女とも、しこりが梅毒に感染した大きな特徴となりますので、そういった症状が出ている場合は、迷わず、すぐに病院に行きましょう。


梅毒の検査キットについて