×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

梅毒の感染を調べるには?

梅毒の感染をチェックする

梅毒も性病の一種ですが、感染しても症状が出ないことも多い厄介なところがあります。梅毒に感染すると、HIVウイルスへの感染リスクも高くなりますので、思い当たることがある場合には早めに検査を受け治療をすることが大切です。梅毒に感染すると3週間、3ヶ月、3年と長いあいだに渡り様々な症状が出ては自然消滅します。この間も病気は進行しているので、放置しておくと重い病気に発展する可能性もあります。

 

梅毒というのは、梅毒トレポネーマという病原菌が原因なので、血液検査で診断します。梅毒検査を受ける場合にはHIV検査も同時に行うこともありますが、梅毒に感染していることで、HIVの感染のリスクが高まると言われているので、念のため一緒に受けておいたほうが安心でしょう。梅毒の検査は、保健所や病院などで実施していますが、市販の梅毒検査キットを利用して、血液検査を行うことも可能です。梅毒の検査キットは、ネット通販で入手可能です。これは、HIV検査キットも同様です。


梅毒の検査キットについて